title

骨董品の店頭買取のメリットとデメリット

骨董品の買取方法として一般的なのは、自分で店舗へ行って買取をしてもらうという店頭買取です。店頭買取は、基本的には予約が必要ないため、飛び込みで査定を依頼することが可能ですし、買取が決定すれば、その場で現金での支払いが行われます。また、査定の結果が出てもその場で買取を決める必要はありませんし、買取額に納得がいかなければ断ることも可能です。店頭買取のメリットとしては、骨董品を持ち込めばその場で査定と買取が行われるため、すぐにお金が欲しいときに便利だということが挙げられます。それに店頭買取の場合は、業者のスタッフと対面してやり取りが行われるため、ちょっとした質問にもすぐに答えてもらえるということもメリットだと言えるでしょう。一方のデメリットとしては、自分で骨董品を運ばなければならないため、途中で破損させてしまうリスクがあるということが挙げられます。骨董品は壊れやすいものも多いため、持ち運びには細心の注意を払うようにしましょう。