title

骨董品で損をしない買取方法はあるのか

骨董品を処分するときには、誰しも高額の買値がつくことを期待するものです。長年にわたって収集してきたものを処分するなら思いれもあるので尚更そのような思いは強いと想定されます。特に古美術品等については同じ品物を対象にした場合であっても、買取価格には数倍から10倍ほどの開きがあるのも珍しくないのです。ここでポイントになるのは買取り業者の属性にあります。骨董品の買取を取扱う業者には、買取りだけを専門にしている場合があります。彼らは専門店や業者市場でせり売りに書けることで収益をあげています。そこで高い利益を見込むためには、仕入れ値を低く抑える必要性があるので勢い、査定額も低くなりがちです。そこで買取りだけでなく、自ら販売も手がけている業者に査定を依頼するのがお勧めです。直接仕入れてそのまま販売することになるので中間業者が介在しません。余計な仲介手数料が無いので高い値段で買取ってもらえる可能性が高まります。