title

骨董品をより高く買取してくれるお店の種類とは

骨董品は、それが同じ品物であってもお店によって買取価格が違う場合がありますが、その違いが出る理由の一つに買取店の種類の違いがあります。買取店には、大きく分けて買取専門店と、買取と販売をどちらも行っている店の2つがあると言えるでしょう。まず「買取専門店」は、買取った商品を別の業者やお店へ転売することで利益を得ているお店のことを指します。そして転売を行う際は買取価格に仲介手数料が上乗せされることになるため、買取価格がその分引き下げられることが多くなると言われています。一方の「買取と販売をどちらも行っている店」は、自分のお店で買取をした商品を自分のお店で販売するところを指します。ですので、買取専門店のように仲介手数料がかからないため、その分が買取価格から引かれることもありません。そのためより高く売りたい場合は、買取専門店よりも「買取と販売をどちらも行っている店」を選んだほうが良いということが言えるでしょう。